松岡ウキの特徴

当社の3つの特徴について詳しくご紹介いたします。

海水の塩度に合わせた浮力が自在に調整可能

松岡ウキの最大の「特徴」は、自重のある   ウキで狙ったポイントに付け餌を届けるだけで なく 9号ガン玉を1個づつ追加したり 減らしたりすることで、ハリスの長さプラス沈めたウキの深さ分棚を探れます。刻々変化する魚の棚に、松岡ウキはガン玉の出し入れだけで、どんな棚にも即刻対応が可能になります。ハリスの長さより浅い棚の時には別ページに説明しています先ウキが有効になります。先ウキの説明ページを参照ください。

また、管付きウキなので付け餌が完全フリー負荷で魚の口元に届けられ魚が違和感なく食べてくれます。                     他社のウキのように浮力調整のためにハリスに鉛を付けることで生じる魚に与える違和感が全くありまん。

このウキにより瀬際から超遠投まで攻略が可能になりますので、必ずや釣果アップが出来るでしょう。。                             ぜひ一度手にとってみてください。  

足下から超遠投まで幅広いエリアに対応

RXシリーズは、

瀬際グレで足下狙いからRX-40で超遠投が可能になり   あなたの狙った幅広いポイントに

確実に付け餌を届けられます。

 

サイズを大きくした訳

RX-40

 

①こんな大きなウキだと竿が痛む

②大きすぎて魚のアタリが分からない

③足下狙いが中心じゃない?

 釣り番組は殆ど足下狙いばかりです

松岡ウキを初めて見た釣り人からよくこんな事を言われます。

果してそうなんでしょうか。

①こんな大きなウキだと竿が痛む       

の釣り人はどんなサイズの魚を狙っているのかを伺いたい。キロ級の魚に耐えられる竿ですよ。この程度の重量のウキに耐えられない訳がありません。

②大きすぎてアタリ分からない

松岡ウキは環付きです。ラインの抜けが魚に違和感を与えることなく出ます。      他のドングリタイプウキのようにハリス・ガン玉・ウキに負荷調整鉛が付いていませんので全く自然違和感なく食べてくれます。                        アタリはウキで取ると言うより、ラインの走りで取ります。ラインにバシバシ走ると感じる明確なアタリがでます。よく見かけます竿を大きく煽ってしまうことは却ってすっぽ抜ける原因となります。ラインが走った時には慌てずに竿を立ててからリールのベールを倒します。

これで完了です。

                       簡単ですよ。

③足下狙いが中心じゃない?                                                         

釣り番組などでは確かに殆ど足下狙いばかりですね。我々は潮目のよれたポイントや沈み瀬周りなどより広いポイントを狙っています。考えてみてください、    瀬際のポイントは足下を中心に前方180度がポイントになります。遠投ができれば投入ポイントの 360度が狙えます。単純明快により広いポイントの魚がターゲットとなります。それに経験的に沖にはより大きな魚がいます。大きな魚は生き残るために経験を重ねた臆病さを持った魚だと思いす。このさかなを釣り上げるにはより自然な状態で餌を流し、かつ余負荷のない自然な仕掛けが必要だと考えます。

その為のウキが松岡ウキです。

是非手に取ってみてください。

 

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら TEL/FAX

0949-35-8789

事務所不在時のお問合せはこちら

090-1343-0770

受付時間:9:00~17:00
定休日:年中無休